ヒゲ脱毛の効果レビューと体験談

青髭解消・薄くする・目立たなくする方法6つ|青ヒゲの悩みを無くそう!

青髭って本当にいらないですよね。

青髭があったところでモテるわけでもありませんし、周りから良く見られるわけでもなく、むしろ、不潔・汚らしく見られたり、老け顔に見られたり、周囲からマイナスな印象しか持たれません。

「青髭がある人・青髭がない人、どっちの方が得するか」と聞くと、おそらく100人中100人がこう答えるでしょう。

青髭がない人の方がは絶対に得!青髭は損しかない!と。

 

では、青髭は一生治らないのでしょうか?

いえ、そんなはずはありません。

 

本記事では、損しかない青髭を直したい方へ向けて、青髭の解消・薄くする・目立たなくする方法をまとめてご紹介しますφ( ̄ー ̄ )

髭脱毛

青髭を目立たなくする方法(対策)

日焼けする

日焼けをして黒々とした肌になれば、青髭が目立たなくなりますね◎

特に、色白の人は青髭が目立ちやすいので、肌を少し黒くするだけでも今までよりも断然に目立たなくなるかもしれません。

仮に、EXILEのメンバーが色白青髭の集団だった場合、今ほどカッコイイと思う人はいると思いますか?

おそらく今よりもカッコイイと思う人は減るのではないでしょうか。

 

日焼けは青髭対策というわけではありませんが、青髭を治すという発想から青髭を目立たなくするという発想に変えるのもアリかもしれませんよ!

コーンシーラーを使う

今では、青髭対策用のコンシーラーも販売されていて、コンシーラーを使うことによって毛の色が透けづらくなります。

これも日焼けと同様に、髭自体を無くす・薄くするのではなく、髭を目立たなくする方法です。

コンシーラーは、別名”部分用ファンデーション”とも呼ばれていて、最近では男性でも使う人が増えてきているようです。

また、コンシーラーは持ち運びが簡単なので、外出先でもすぐに使えますね♪

脱毛クリーム(除毛クリーム)を使う→非推奨

個人的にはオススメできないのですが、脱毛クリームを使って青髭をキレイにする方法もあります。

ただ、顔用の脱毛クリームは、僕が調べた限りでは存在せず、ほとんどの脱毛クリームではヒゲ・顔への使用が禁止されています。

実際、脱毛クリームを顔などのデリケートな部分に使用するとヒリヒリしたり、赤く腫れてしまったり、ひどい場合は出血することもあると言われています。

また、脱毛クリームは脱毛効果があるのではなく、あくまで除毛(表面の毛を取り除くこと)です。もちろん、永久脱毛の効果はありません。

ネット等で脱毛クリームを顔に使用している人もいるようですが、個人的には絶対にオススメできない青髭対策です。

※本来は青髭対策には含まれないのですが、僕も始め勘違いしていた部分もありましたのであえて書きました。

もし、それでも髭・顔に脱毛クリームを使用したい場合は自己責任でお願いします。

青ヒゲを解消・薄くする方法

脱毛サロンでヒゲ脱毛する

脱毛サロンの光脱毛で半永久的に脱毛して青髭を解消するのも1つの方法です。

脱毛サロンは医療機関ではないのでエステティシャンなどの方々が施術します(※麻酔も使用できません)。

サロンにもよりますが、脱毛サロンの光脱毛はレーザー脱毛よりも痛みが少なく、施術時間が短い特徴があります。

 

ただ、効果が出るかどうかはサロンによって差が大きく、10回かかる人もいれば、20回以上かかる人、もしくは効果が全く出なかった人もいます。また、髭が濃い人が脱毛サロンの光脱毛でツルツルを目指す場合、最低30回以上の施術が必要だと言われています。

ちなみに、脱毛サロンで永久脱毛する場合は”ニードル脱毛”と呼ばれる痛みがかなり伴う脱毛方法しか選択肢がありません。

メンズ脱毛サロンで髭脱毛するメリット・デメリット|家庭用脱毛器、クリニックと比べてどう?

2017.04.27

クリニックでヒゲ脱毛する→今僕が実践中!

今僕が実践中の方法がこれ!

クリニックの医療レーザーは脱毛サロンの光脱毛よりも脱毛効果が高いので早く青髭を解消できます。

一般的に、髭が濃い人が光脱毛でツルツルになるまで30回以上通う必要があるのに対して、レーザー脱毛は12回〜15回と言われています。

脱毛サロンの光脱毛に比べると強い痛みが伴うデメリットがありますが、クリニックは医療機関なので麻酔を使用してもらうこともできますし、トラブルが起きた時は診療や薬の処方をしてもらえるので安心ですね◎

また、クリニックのヒゲ脱毛(医療レーザー脱毛)は、脱毛サロンと違って資格を持つ医療従事者に施術してもらえるので安全性が高いです。

「青髭は一生治らないのか…」と絶望している人、「とにかく、青髭を根本的に解決したい!」という人はクリニックのレーザー脱毛で一気に青髭とおさらばするといいかもしれませんよv( ̄ー ̄ )

今僕は痛みが少ない「メディオスター」と呼ばれる最新脱毛機で施術していますが、髭が濃い&痛みに弱い&肌が黒い僕でも麻酔なしで耐えられるレベルですv( ̄^ ̄)

もし、痛みが不安な人は、初めはメディオスターで試してみるといいかもしれません◎
>>青髭男ピゲゾーが奮闘中!筆者のヒゲ脱毛体験記を見る

髭の医療レーザー脱毛のメリット・デメリットまとめ|髭を無くしたい男性へ

2017.06.03

家庭用脱毛機でヒゲ脱毛する

忙しい人や時間がない人でも手軽にできる青髭対策が家庭用脱毛機を使ったヒゲ脱毛。

家庭用脱毛機は自分の好きな時間にできるだけでなく、1度買ってしまえば、髭以外の部位でも脱毛が可能です。そのため、脱毛サロンやクリニックよりもコストパフォーマンスが高いと考えられています。

ただし、家庭用脱毛機は、男性の髭には効かない場合もあるので、確実に効果を得て青髭をなくしたいのであれば、クリニックのレーザー脱毛をオススメします( ̄ー ̄)b

家庭用脱毛器で髭脱毛するメリット・デメリット|サロン、クリニックにない魅力とは

2017.04.29

ケノンは男の髭脱毛でも効果アリ?口コミや評判を調べてわかったこと

2017.05.19

【まとめ】根本的に青髭を解決したい?一時的に目立たなくするだけでいい?

ここまで、青髭を解消・薄くする・目立たなくする方法を一通り書いてきましたが、皆が皆、全ての方法が当てはまるというわけではないと思います。

では、どのように自分に合った方法を選べばいいのか。

それは、根本的に青髭を解決したいか、それとも一時的に青髭を目立たなくさせたり、薄くしたいだけなのか、目的によって選ぶ方法も変わります。

たとえば、青髭を根絶したい!と思っている人が、”日焼け”や”コンシーラー”を使う方法を選ぶのは間違っていますよね?

逆に、青髭を一時的に目立たなくするだけでいい!と思っている人が、クリニックの医療レーザーでツルツルを目指すのはズレていますよね?

 

もし、「一時的に目立たなくしたい」「少しでもいいから青髭を薄くしたい」のであれば、”日焼け”、”コンシーラー”、”脱毛サロンの光脱毛”、”家庭用脱毛機”の方法の中から選ぶのが正しいですね。

そして、「確実に効果を得たい」「青髭を根本的に解決したい」のであれば、”医療クリニックのレーザー脱毛”や”脱毛サロンのニードル脱毛”を選ぶ他ありませんね◎

 

間違った方法を選ばないためにも、「自分は最終的には青髭をどうしたいのか?」ということを考えて、青髭解消・対策に取り組んでみてはいかがでしょうか^^

僕がヒゲ脱毛で通ってるクリニックはここ!

ゴリラクリニック(ヒゲ脱毛)のメンバーズカード

現在、僕は男性専門の医療脱毛クリニック「ゴリラクリニック」でヒゲ脱毛チャレンジ中です!

憎きヒゲの悩みから解放されるために脱毛を決意したわけなのですが…

このクリニックを選んで大正解( ̄ー ̄)v

回数をあまり気にすることなく、思う存分施術が受けられるので濃いヒゲの僕にはぴったりでした。

特に僕と同じようにツルツルを目指す方にはおすすめしたいクリニックです( ̄^ ̄)ゞ

体験談や効果を事細かにお伝えしていますので、これからヒゲ脱毛に挑戦しようと思ってる方の参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です