『ジョリツル』運営者のプロフィール

初めまして。当ブログ(ジョリツル)の運営者「ピゲゾー」です(´┏・┓`)

この度は、プロフィールページまで来てくださり、ありがとうございます!

本ブログは、これまで付き合ってきた濃厚なヒゲ(青髭)と別れを決意した時にスタートしたブログですが、そもそもどこぞのやつが、どういった経緯で運営しているのか、よくわからないですよね。

このページでは、自己紹介を兼ねて、ピゲゾーがヒゲとの別れを決意するまでの背景を書き記したいと思います◎

ジョリツル運営者の「ピゲゾー」はどんな人?

  • ピゲゾーの基本情報
    • 年齢:20代半ば
    • 性別:男
    • 肌の色:褐色気味
    • 顔の雰囲気:青髭ゴリラ
    • ヒゲの濃さ:濃厚
    • ヒゲが生えている箇所:ほっぺ、あご、あご下、首下、口元、鼻下(要するに口周り全て)
    • 1日で生えるヒゲの長さ: 1mmぐらい?
    • ヒゲが生え始めた時期:中学生

ヒゲの伸びるスピードはこんな感じ↓↓

髭剃り直後

7日後

いきなり不清潔な画像を見せてすみません!

ピゲゾーの顔は、スラムダンクのゴリ(濃い目の青髭付)をイメージすればわかりやすいのではないかと思います。

ヒゲ脱毛の甲斐あって、今は着実に髭の生えるスピードが遅くなっています( ̄^ ̄)ゞ

現在のヒゲ状況はヒゲ脱毛体験談・効果レビューまとめをご覧ください^^

では、少し長くなりますが、ここからピゲゾーのヒゲ状況を年代別で振り返ってみます。

【中学生の頃のヒゲ状況】まだヒゲが薄かった、懐かしきあの頃

ピゲゾーのヒゲの歴史は中学生から始まる。

といっても、その頃のヒゲはまだ可愛いもので、カミソリの存在すら知らない。

将来、ジレットヒュージョンなしでは生活できない顔になるとは知らず、部活・習い事に明け暮れる日々を過ごす。

【高校生の頃のヒゲ状況】ヒゲとの馴れ初め

ヒゲとの付き合いが深くなり始めた高校生の時期。

高校生の中盤から卒業に向かうにつれて、男性ホルモンが徐々にうずき始めたのか、ヒゲが生えるスピードが急上昇する(同時に、自身の老け顔を認識し始める)。

ヒゲは鼻下、あごからもみあげにかけて生え、T字型のカミソリが愛用品になる(2〜3日に1回ペースでヒゲを剃る)。

ヒゲ剃り後は青髭とまではいかず、ちょい青髭ぐらいで少し気になる程度だった。

そして、この頃に父親の遺伝子を受け継いだことに気づき始める。

【大学生の頃のヒゲ状況】ジレットフュージョンとの出会い

高校生までは、実家にあったT字型のヒゲ剃りを使っていたが、大学生で運命の出会いがあった。

それが、かの有名な「ジレットフュージョン」。

今まで使っていたカミソリは、剃り違いで血が出たり、逆剃りで失敗した苦い経験もあった。

そんな時に手にしたジレットフュージョンの感動は今でも忘れない。

ジレットフュージョンだと、ヒゲ剃りの時に血が出ることがほとんどないし、怖がることなく逆剃りもできる!!

「これで、面倒なヒゲ剃りライフが少しは楽になる!」

と思えたのは束の間だった・・・

ジレットフュージョンを手にした時期から、ヒゲが生えるスピードも増していって、気がつけば、ほぼ1日1回ヒゲを剃るスピードになっていた(T_T)

ちょい青髭も青髭へと変貌を遂げ、友人や兄からも「お前、ヒゲ濃くね?」と言われるようにまでなった・・・。老け顔と言われているのは慣れていたが、ヒゲを濃いと言われるのは何気に始めてのことで、何だか新鮮さとショックが入り混じった感じだった(ノдヽ)

【現在(2017年2月)のヒゲ状況】ヒゲとの別れを決意

現在では、1日でもヒゲ剃りをしない日があると、無精髭がボーボー。

無精髭でもダンディな無精髭だと良いのだが、僕のは汚らしい無精髭・・・(ToT)

旅行に行く時は、愛用ジレットフュージョンを必ず持って行くのはもちろん、友達の家に泊まりに行く際にも、なるべくヒゲ剃りを持って行くようにしている。

特に、次の日に用事があって誰かの家に泊まりに行く場合、ヒゲ剃りを忘れて行ってしまった時は、帰ろうか迷うほど。

そして、既に1日1回以上のヒゲ剃りが日常化しており、いつの間にかヒゲに対して色々と諦めていた部分もあった。

しかし、そんな時に友人(先輩)がヒゲ脱毛をするという話を聞いて、

「そっか!ヒゲ脱毛すれば、替刃の費用、ヒゲ剃りの手間もなくなる!」

「何より、濃厚なヒゲ(青髭)に対するコンプレックスもなくなるのでは?!」

「てか、ヒゲいらなくね?」

と、これまでの悩みが全て解決するのではないかと、少しの希望が見えました!

 

こんな簡単なことに今まで気がつかなかった自分が恥ずかしい・・・

 

そんなこんなで、今までのヒゲとの別れを決意する。

 

 

ここまで、長々とプロフィールをご覧頂いてありがとうございました。

始めてのヒゲ脱毛ということで、知らないことも多く、色々と調べながらやっていこうと思いますので、ヒゲ脱毛で体験したこと、ヒゲ脱毛に関してわかったことを随時ブログでアップしていきたいと思います。

※今後、ヒゲ脱毛で成果が出始めれば、現在のヒゲ状況を更新していく予定ですので、乞うご期待♩