ヒゲ脱毛の効果レビューと体験談

髭のデザインを理容室・床屋でするのは古い?デザイン脱毛のメリット・デメリット

僕は髭が似合わないにも関わらず、一時期髭を整えようと試みましたが全くもって上手くいきませんでした。

自分でお洒落にヒゲをキメようとしても中々上手くいきませんよね^^;

そんな時、考えつくのが理容室・床屋もしくは、脱毛で髭をデザインする方法。

本記事では、お洒落ヒゲを目指す男性へ向けて、医療脱毛クリニックと理容室・床屋で髭をデザインするメリット・デメリットをそれぞれまとめますね_φ( ̄ー ̄ )

髭脱毛

脱毛で髭のデザインをするメリット・デメリット

  • メリット
    • 髭のメンテナンスが楽になる
    • 脱毛が完了すれば出費がなくなる
  • デメリット
    • 脱毛時の痛み
    • 脱毛完了までクリニックに通う必要がある

デザイン脱毛をすれば、デザインに不要な部分は脱毛されて自分が好きな形で整っている状態になるので、自分でも楽に髭のメンテナンスができるようになります◎

特に、これまで髭の手入れで苦労していた人はかなり時間に余裕ができるでしょう^^

たとえば、髭の手入れに毎日10分かかっていた人が1分で済むようになれば、単純計算1週間で63分(9分×7日)の自由な時間が増える計算です◎

また、脱毛が終わってしまえば、理容室や床屋に通う必要もなくなりますので、その分の費用も浮きますねv( ̄ー ̄ )

ただ、レーザー脱毛の場合は、脱毛時に痛みが伴いますので、施術中は痛みに耐える必要があります。加えて、脱毛が完了するまでは定期的にクリニックに通う手間もありますね。

⇛参考:僕が感じたヒゲ脱毛の痛み※動画付

⇛参考:デザイン脱毛で一押しのクリニック特集

理容室・床屋で髭のデザインをするメリット・デメリット

  • メリット
    • 1回の値段がリーズナブル
    • 自分でするよりキレイに整えられる
  • デメリット
    • 定期的に通う必要がある
    • 長期的に見ると割高

理容室や床屋の値段は、3,000円〜4,000円程かかります。デザイン脱毛に比べると1回の費用はそこまで高くはなく、1回目のハードルがかなり低いですね^^

また、自分で整えようとするよりもキレイにデザインできますし、人によっては剃ってもらってる時は心地よく感じるかもしれません◎

ただ、時間が経てばデザインされた髭は崩れますので、お洒落ヒゲを維持したいなら定期的に通う必要があります(-_-;)

そして、実は10年先まで考えれば理容室や床屋で髭でデザインをしてもらうと割高だったり・・・。

長期的に見ればデザイン脱毛の方がお得かも?

仮に、10年の間、1回3,000円の理容室で髭のデザインを続けると考えてみましょう。

たとえば、2ヶ月に1回のペースで理容室に通い続ける場合は1年に18,000円、10年間で180,000円かかる計算になります。

では、デザイン脱毛の場合はどうでしょうか。

今僕が通ってるゴリラクリニックの回数無制限コースを例に考えると、ヒゲ3部位(鼻下・顎・顎下)のデザイン脱毛なら7万円弱、髭全部位のデザイン脱毛なら20万円弱かかります。

また、脱毛が一旦終わっちゃえば、理想の髭の形が維持されるので、それ以上髭のデザインで費用がかかることはありませんね♪

一方で、理容室でデザイン髭を維持するためには、通い続ける必要があるので費用は発生し続けます。

つまり、長期的に見ればデザイン脱毛の方がお得ってことですね( ̄▽ ̄)v

繰り返しになりますが、脱毛が完了してしまえば自分で整える手間がかなり楽になるので、メンテナンスにかかる時間も大幅カットされます◎

もちろん、一時的に髭のデザインがしたいだけならデザイン脱毛する必要はないと思いますが^^

少なくとも、この先ずっとお洒落ヒゲで過ごしていきたいなら、思い切ってデザイン脱毛した方が金銭的・時間的に負担が少なくなるかも・・( ̄ー ̄)?

僕がヒゲ脱毛で通ってるクリニックはここ!

ゴリラクリニック(ヒゲ脱毛)のメンバーズカード

現在、僕は男性専門の医療脱毛クリニック「ゴリラクリニック」でヒゲ脱毛チャレンジ中です!

憎きヒゲの悩みから解放されるために脱毛を決意したわけなのですが…

このクリニックを選んで大正解( ̄ー ̄)v

回数をあまり気にすることなく、思う存分施術が受けられるので濃いヒゲの僕にはぴったりでした。

特に僕と同じようにツルツルを目指す方にはおすすめしたいクリニックです( ̄^ ̄)ゞ

体験談や効果を事細かにお伝えしていますので、これからヒゲ脱毛に挑戦しようと思ってる方の参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です